「検索結果で3位に表示されていた記事が表示されなくなりました・・」
「何もしていないのに、検索順位が下がってしまいました・・」

こんにちは、京都でWEBコンサルタントをしております神宮と申します。

私は自身の資産サイト運営ノウハウをもとにサイト作成の指導をしております。
冒頭でご紹介したのは、私が指導している方からいただいた質問の一部です。

要するに、記事を作成して順調に記事が上位表示したけど、ある日検索順位をYahooで確認したところ、3位に表示されていたのに10ページ以上確認しても見当たらない、という質問です。

今回は、「Yahooの検索順位が変動する理由」と「効率的に検索順位をチェックする方法」をご紹介致します!

それではいきましょう!!

Yahooの検索順位が変動するのは、検索結果をよりやくするためのテスト

検索順位というのは生ものです。
つまり、昨日1位だから今日も1位である保証はどこにもありません。

自信が運営しているサイトの記事よりも良いものが他にあれば、順位変動は容易におこります。

Yahooの検索エンジンは現在全てGoogleの検索エンジンですので、Googleを主語にお話させていただきますが、Googleが掲げる理念の1つに「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」というものがあります。

検索エンジンが生ものである理由はここで、時代の変化ともにユーザーが求めるニーズが変わりますので、当然ながら検索エンジンに求められる結果(Googleが返す答え)は変わっていくのが自然です。

ということは、常に検索順位が時代に合っているのかをGoogleは確認する必要性があるわけです。

ではどのようにチェックするのか?

Googleが検索順位をチェックする方法を高校野球を例にご紹介!

突然ですが、あなたが高校野球の監督で、チームを強くしていきたいと考えていた場合、どのようにチームを強化していきますか?

大きく分けて2点が考えられます。

1. 素質のある選手を部員にする
2. 今いる選手を強化する

この2点ですね。

いい選手を沢山集め更に強化する。
確かに効率的ですよね!?

当然Googleもこれを行っているんですが、知ってました??

本来は「1.素質のある選手を部員にする」から順にお伝えすべき(※後述しております)なんですが、今回で一番お伝えしたいところは、「2.今いる選手を強化する」の部分ですので、こちらをメインにお伝え致しますね!

Google的選手強化術!どうやって今いる選手を強化しているのか?

自分の能力を高めていきたいのであれば、常に努力は欠かせません。
逆に努力することをサボると能力は落ちていきます。

これは記事でも同じことで、書いたら書きっぱなしというわけにはなかなか行きません。(完全放置でやる方法もありますので、またの機会にご紹介致します。)
時代は常に変わりますからね。

Googleもそれは分かっていますので、記事が本当にいいものなのかどうか常にテストしているようです。

それが、検索順位を定期的に見直す。
ということです。

Yahooの検索順位が変動する理由の結論が、「Googleがテストしている」ということになります。

Googleのアルゴリズムは公開されていませんし、いつどの期間でそれが行われているかは不明ですが、定期的に検索順位をチェックしてみてクリック率や閲覧時間などの成績を比較し、改めて検索順位の妥当性をチェックしているようです。

現に、7月頃に作成した記事で徐々に検索順位があがり、最終的に2語の複合キーワードで3位をキープしていた記事。
その記事が3日程検索上位から外れ、その後また3位に表示されるということがありました。

この記事以外にも同様の動きを見せる記事が複数あったことから、Googleは定期的に検索順位をチェックしているものと結論づけました。

検索上位から外れたときには、「何か足りない要素があったかな?」と自問自答しましたし、足りない要素があれば、付け足してよりよい記事にしなければ!とも思いました。

Googleはこれを意図的に行っている(ようするに、記事の質を高める)ように感じました。

Googleが行った素質ある選手を部員にした方法!

少し話がずれますが、素質のある選手を部員にするということでつい半年ほど前にGoogleが実施した例で言いますと、Googleアドセンスの審査基準を厳しくする。

ということがそれにあたります。

Googleアドセンスとは、クリック保証型広告の一種で、アドセンスの審査を通ると自分の運営しているサイトにGoogleの広告を貼ることが可能になります。
それまでは比較的審査に通りやすかったですが、2017年に入ってから審査が厳しくなりました。

恐らく、アドセンスを使って稼ごう!とする質の低いサイト運営者が増加したことが影響しているものと思われます。

アドセンスの審査基準を厳しくすることで、自ずと「ちゃちゃっとやってぱっと稼ごう!」という質の低い運営者を減らすことに成功しています。

逆に、アカウントを保有しているユーザーには、それまで1ページに3つまでしか貼れなかった広告が無制限に貼れるようになっています。

これが、1.の「素質のある選手を部員にする。」ということの例になります。
高校野球でいえば、甲子園常連校などは、全国から有望な選手をスカウトして強化します。

入り口の段階である程度ふるいにかけることが、チーム(検索結果)を強くする(質をよくする)為に効果的な方法です。

検索結果を効率良く確認する超オススメの方法!

ここまでで、Googleは定期的に検索順位をチェックしているということが分かったと思います。
なので、一時的に検索順位が下がったからといって、焦る必要は全然ありません。

自信を持って読者の為になる記事を書けている!と思えるのであれば全く問題ないです。

一番重要なのは、読者の為になる記事が書けているか!?ですからね。

読者の為になる記事をかけばいいんでしょ!といって、検索順位の確認をする必要がないかといったら、それは話が別です。

どのジャンルでも常にライバルは表れます。
そのライバルに打ち勝つためには、常に記事の順位をチェックすることが効果的です。

また、記事の順位をチェックすることで、ちゃんとランキングがあがってきている!と実感することができるため、記事を書くモチベーションもあがりますからね。

ただ、1記事ずつ検索順位をチェックするのは時間がかかり過ぎます。
効率よくチェックする方法は、GRCという検索順位チェックツールを使うことがオススメです。

このツールはめちゃくちゃ便利で、ボタンをポチッとするだけで、何千記事でも自動で検索順位をチェックしてくれます。
本当に時短できます。

このツールを使うことは、サイトアフィリ業界ではもはや常識なんですが、まだ使ったことがない方が多いのが実情ではないでしょうか。
また、Mac book対応していますので、windowsだけしか使えないということもありません。

以前、私もwindowsしか使えないのであれば意味ないな〜と思っていたのですが、ついこの間Macにも対応したという情報を入手し導入することにしました。

ちなみに、Macで使える検索順位チェックツールで他にいいのないのか?
と調べたことがありますが、海外製のツールはあるにはありますが、日本語対応していないものが多く、正直あまり使い勝手がいいものがありませんでした。

検索順位チェックツールはGRC一択ですね。



まとめ

今回はYahooやGoogleなどの検索エンジンの検索順位が急に下がる理由は、Googleのテストであるということを解説致しました。

検索エンジンに上位表示できるかはアクセスを集められるかどうかの生命線でもあります。
なので、先日まで1ページ目の上位にいたのに、次の日には全く表示されない・・だと焦る気持ちが出てくるのも分かります。

しかし、検索エンジンは生ものなのでそういった気持ちが出てきても焦らず対処したいですね。

ちなみに、記事を更新したばかりだと今回ご紹介したような検索順位の変動が起こりやすのですが、一度1位に表示されてしまうと、あとはほぼ固定で1位に表示し続ける。
ということが起こりますので、それはで根気強く辛抱する必要がありますね。

そういったことに神経をつかうよりも、1記事でも多く記事更新を行うことに力を集中させた方がいいですね。