こんにちは、神宮です。

サイトでアフィリエイトをする場合、記事作成は必須になります。
ただ、実際に記事を書いてみるとわかるのですが、すごく労力がかかります。

はっきり言ってめんどくさいと感じることもあります。

そのため、一時期記事を外注化しよう!
という流れがありました。

そういった指導をする専門の方もいたくらいです。

それらの指導者のほとんどが、初めから記事は外注化せよ。
という方針であったことから、多くの人が低価格で記事外注し失敗していきました。

実際、私もある程度成果が出るようになってから記事の外注化に挑戦したことがありますが、外注費と時間を無駄にしてしまった感があります。
それだったら、その時間で自分で記事を書いた方が良かったなとも思いました。

でもその中でわかったことがあります。
それは、「外注ライターさんの効率的な使い方」です。

これを意識して外注を行えば、ほぼ失敗することはなくなります。

外注費を無駄にすることもありませんし、ライターから上がってきた記事が資産となりあなたの長い収益源となることでしょう。

私が使ってわかった外注ライターの効率的な利用方法を今回はお伝えしていきます。
これを読んでいただければ、もうあなたが外注で失敗することはなくなります。

それではいきましょう!

ほとんどの人がゴミを量産しているという事実

復習になりますが、ほとんどの人が外注で失敗しています。
もしあたなが、「1000文字で300円」というような低価格で外注依頼をしていたのなら、必ずといっていいほど失敗します。

もうそんな時代ではありません。
そんな化石みたいな方法を実践していては、今後戦っていけませんよ。

なぜなら、低価格でライターさんが書いた記事は、総じて ” WEB上のゴミ ” だからです。

WEB上のゴミというのは、要するに誰の役にも立たないものという意味です。

だって、差別化もなければ、独自のオリジナル情報もない。
ただ信ぴょう性の薄い他のサイトからの情報の転用からできた記事に何の価値があるというのでしょうか?

だからそれらの記事を ” ゴミ “ と表現したのです。

そうやってゴミを量産する方は、外注ライターさんが書くことができる記事が2種類あるということを知らないんだと思います。

その2記事というのは・・

2種類の記事

外注ライターが書ける記事の種類というのは大きく分けると2種類だと思っています。

それが、

・教育記事
・共感記事

です。

教育記事というのは、読者に対して新しい気づきを与えたり、読んだことで具体的な行動が変わるような記事です。

共感記事というのは、独自の経験やストーリーです。

記事の種類が2種類あることはわかっていただけたと思います。
では、外注に依頼すべき記事はどちらなのかお分かりでしょうか?

ってわかりますよね・・?

外注には共感記事を依頼せよ!

そうです!外注ライターさんへは、「共感記事」を依頼すべきなんです。

なぜか?

教育記事を書くというのは、総じてスキルや時間がかかるからです。
よって、外注ライターさんには向きません。

外注ライターさんは、基本的に文字数いくらの世界で仕事をしています。
中には、中身を意識して濃い情報を凝縮してライティングしてくれるライターさんもいますが、非常に稀だと思ってください。

だって、外注ライターさんの、目的は、「ライティング費用をたくさん稼ぐこと」だからです。

あなたがライターさんの立場になったとして考えた場合、1,500文字を書いて300円しかもらえなければ、そこまで魂を込めて記事を書きますか?

絶対に書かないと思います。

もっと打算的に、1記事300円だから、1日10,000円稼ぐためには、33記事書かないといけない。だから、1記事にかけられる時間は限られているからパパッと仕上げよう!

そう考えるに決まってるじゃないですか。

あなたもそう思いませんか?

だから外注ライターさんの記事はゴミ記事になってしまう傾向が高いのです。
もちろん、中には、ライターを始めたばかりでお金が第一目的じゃない方、しかもライティングが上手。という方も稀にいますが、本当に稀です。

だいたい、そういう方は、ある程度経験したら、もっと単価が高い案件にシフトしていきます。

よって、外注を使う際は、教育記事は向きませんので、共感記事を依頼しましょう!

共感記事とは

共感記事とは、つまり「独自の体験や経験」を書いてもらうことです。
そこに価値が発生するんです。

独自の体験や経験だったら、文章が下手とかほとんど気になりません。
それよりも、すでに経験をしている人の話を聞けてありがとう!となるわけです。

それが価値です。

例えば、恋愛ブログの記事を依頼する場合、恋愛のノウハウを記事作成依頼するのではなく、ライターさんが経験した恋愛経験をそのまま教えてもらうんです。

そうすると、嫌が応にも温度感のある記事になります。

これは仮に1記事300円で募集したとしてもゴミ記事にはなりません。

共感記事を利用して作成した面白い事例

ここで、共感記事を使って作成した面白いサイトの事例をご紹介したいと思います。

これは私がランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを使っている際にたまたま見つけたサイトで、「へ〜面白いな!」と思ったサイトです。

そのサイトは、財布に特化したサイトだったんですが、その記事がユニークで、全てライターさんが実際に使っている財布を紹介してもらうというものでした。

なので、1ライターさん1記事という感じですね。

その財布をどうして買おうと思ったのか?
どこでいつ買ったのか?
気に入っている点は?
価格はいくらくらいで、実際に使った感想はどうか?

などなど・・

これらを写真を交えて1記事にして最後に財布のアフィリリンクを設置するという流れです。

これ面白くないですか?

財布って需要は廃れないですし、全ての記事が財布使用者の使用経験で作成されているので、オリジナリティがある。
自分がある特定の財布を買おうか迷っている場合、非常に参考になるサイトだと思いました。

だって、本一冊購入する際にも、購入者の声は見るじゃないですか?
アマゾンで必ずチェックしますよね?

まとめ

今回は、サイトの記事を外注ライターさんへ依頼する際の注意点をご紹介いたしました。

作成するのがめんどくさい記事をお金を払って書いてもらうこの魅力は私もわかります。
でも、そんな感じで作成してもらった記事には価値はないんです。

今回でそのことがお分かりいただけたのでしたら嬉しい限りです。

ま、でもそうやって記事量産すればいいんでしょ!?
と思ってくれている運営者が多いからこそ楽して稼げるんですけどね。

この記事を見たあなたにはぜひ成功して欲しいと願っていますので、包み隠さず全てお伝えいたしました。

参考になれば幸いです。